近代修養の巨人、常岡一郎師の中心思想を学びます。 


by ryukoin

抵抗の尊さ 常岡一郎

のれんに腕押しといわれる。
これでは自分の方に力がわいてこない
抵抗がないからである。

失敗も病気も災難も
人生行路の1つの抵抗である
前進のためには必要なものである。

「魂の暦」より

※失敗も病気も災難も自分を進歩させる原動力とうけとめると
いままでとは、ちがった世界が開けます。
[PR]
by ryukoin | 2006-03-13 00:00 | 中心の言葉から