近代修養の巨人、常岡一郎師の中心思想を学びます。 


by ryukoin

天地の示す道

天地の示す道―常岡一郎著 昭和12年12月1日発行

なやみ多き人の世に
煩わしさに包まれもだえ苦しむ人々に
病みつかれし呪いの子に
病み煩いの源をさし示すものは何であろうか。
それはその人の心が宇宙の中心を遠ざかっていることを教えられている。
そうして自分勝手な方へ、わがままな一方へかたよっていることを教えられているのである。
その天の心を知らなければならぬ時が来ているのではあるまいか。

『天地の示す道』より
[PR]
by ryukoin | 2007-12-24 23:06 | 天地の示す道