近代修養の巨人、常岡一郎師の中心思想を学びます。 


by ryukoin

カテゴリ:中心の聖願( 1 )

中心の聖願

中心の聖願(先生が提唱した中心思想をまとめたもの)

中心のある処に平均が保たれる。
平均がとれてこそ一切の平和と安定が与えられる。
人類の病み煩い、なやみ、くるしみは中心を遠ざかっていることを
天が教えられているのである。

人は誰でも平和を求め、安定を願ってやまない。

しからば、中心を求め、中心を守ることを忘れてはならない。

大宇宙の中心、世界の中心、国家の中心、社会、団体、
一家一身の中心は何であるか。どこにあるか。
これをはっきり掴むことが、人類生存の尊い唯一の道である。
 
天体無数の星が、各自の中心をめぐって、一糸乱れぬ
統制と運行をつづけて行く。そこに大宇宙の平均と平和と安定とがある。

人類もまた、各自の立場に立って、その分を知り、一つ一つの中心を通して、より大きい中心へ統制さるべきである。
 
人は天命の組み合わせを通して、絶対の力に統制されていることを知らねばならぬ。
この力に守られて、人類の一人一人が、団体の一つ一つが、
一日も早く均整のとれた幸福な歩み方をする日を念願して止まぬ。
[PR]
by ryukoin | 2006-09-21 07:52 | 中心の聖願