近代修養の巨人、常岡一郎師の中心思想を学びます。 


by ryukoin

目的と手段

Excite エキサイト : 社会ニュース


コムスン、19都県で不正の疑い 計4億3000万円 [ 06月23日 17時15分 ]
共同通信

>訪問介護最大手コムスンの事業所で、指定を受ける際の虚偽申請や、ヘルパーの配置数が基準を下回るなど、不正があったと疑われるケースが19都県で判明していることが23日、共同通信の全国集計で分かった。コムスンが不正や不適切に受け取った介護報酬額は判明分だけで計約4億3000万円に上る。都道府県の半数以上は現在も調査を続けており、総額はさらに膨らむ見通しだ

※最近は偽装や不正が発覚するニュースが多い。

利益のためには手段を選ばないというやり方だ。
たとえ、どんな手段を使ってもかまわないということ。
しかし、ひとたび発覚すれば、自分たちがまいた種を
刈り取らなければならないのである。
目的のためには、正しい手段をえらばないと、あとで後悔する。

さて、以下これにちなんで常岡先生のお言葉を紹介する


目的と手段 常岡一郎

目的のためには
手段を選ばないという人がある。

しかし、これは人間に生まれてきた尊さを
すてることになる。

目的がりっぱであればあるほど、
手段がより大切である。

一つ一つの方法が常に正しかるべきである
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-23 18:23 | 中心の言葉から
まず自分を空にする習慣をつみ上げたい。
骨身おしまぬいそいそとした働き、
けちにならぬように気持ちの良い出し方、
報恩の念にもえる人になる。
これが人間同士の親しみあいの基礎になる。
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-09 08:46 | 鏡ー生きるための反省
親しみの反対はにくしみ、いかり、不平、不満、無理解である。
利己的な固まった考え方、排他的なとげとげしい狭さ、
独りよがりの頑固さ、これが親しみを害する。
大自然のみ親の一番嫌いなこころの姿ではあるまいか。
自然に逆らうものはなやむ。枯れる。滅びる。

つづく
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-07 16:25 | 鏡ー生きるための反省
自分を空にすることは自分が無になることではない。

自分の力が他に捧げつくされて、
他人の感謝に姿をかえて自分に返ってくる。
人のよろこびとなって自分に親しんでくる。
自分の親しみや尊敬に組みかえたことになる。

続く
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-06 08:16 | 鏡ー生きるための反省
自分を空にする。
人を愛する。人に奉仕する。人をよろこばす。

そんな人は人から感謝される。好かれる。

それでこそ自他一体の心の安らかさが生まれてくる。

喜びが湧く。親しみは深まる。

続く
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-04 06:32 | 鏡ー生きるための反省
親しみは空から生まれる。
うなぎが好きな人にうなぎを出す。
しかし、その人が満腹、喉までたべていた。
隙間がない。
この場合はいかに好物のうなぎでもいやになる。
親しめない。

日頃、麦飯はきらいだという人がある。
しかし、三日も食べない。
米は一粒も腹にない。
まったくの空腹である。
その場合、その人は麦飯のにおいまで好きになる。
麦飯に舌鼓をうつ。
日頃、嫌いなものにも親しむ。

つづく
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-03 08:27 | 鏡ー生きるための反省

因と縁

自分が苦しむ。
それは世の中が悪い。政治が悪い。
誰が悪い、彼が悪いと考える。
たしかに先方が悪い場合もあるだろう。
しかし、それは縁の悪さである。

因=種の悪さは自分の方にある。

因と縁を結び合わせるのは大自然のはからいである。

いかに大自然がよい雨を降らせても、
種をまかなければ芽生えはしない。

因なしには一本の芽生えも許されない。

※良い種をまくことを心がけましょう。
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-02 08:12 | つれづれ

忘れたがよい

雑事を忘れなかったら、
大切なことははいらない。
尊いことまで忘れてしまう。

だから、あまりくだらないことは
早く忘れたほうがいい。

頭の中は常にさわやかに、
ゆとりを持つべきである。

※往々にして私たちは
くだらないものの方を、
握り締めちゃっています。
放せば楽になるのにね。
[PR]
# by ryukoin | 2007-06-01 07:42 | 中心の言葉から

考え方

人間の考え方。
これが、その人の思想の方向を決める。
自己中心の考え方。
自分の都合を第一にする考え方。
これが暗い影をつくる根源である。
不幸不運の生き方となる。
[PR]
# by ryukoin | 2007-05-21 10:30 | つれづれ

自分の光

人が出世する。幸せになる。
それをうらやむ。
批判する。攻撃する。
相手を傷つけようとする。
それは自分の墓穴を掘ることになる。

他の光を消すことは無い。
相手の光がまぶしいのは、
自分の光が貧弱な証拠である。

自分の光がすぐれたらよい。

他人の光を消すよりも、
自分の光を強める生き方、
これが幸福の基となる。
健康な生き方となる。
[PR]
# by ryukoin | 2007-05-20 09:11 | つれづれ