人気ブログランキング |

近代修養の巨人、常岡一郎師の中心思想を学びます。 


by ryukoin

移転のおしらせ

当ブログは以下に引越し、生まれ変わります。


ご縁尊し 常岡一郎 師に習う
http://plaza.rakuten.co.jp/cyushin/

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

ご縁尊し 合掌
移転のおしらせ_e0057190_5574589.jpg


(写真は常岡一郎師 『中心日本の確立』から)
# by ryukoin | 2008-05-25 19:06 | つれづれ

天地の示す道

天地の示す道―常岡一郎著 昭和12年12月1日発行

なやみ多き人の世に
煩わしさに包まれもだえ苦しむ人々に
病みつかれし呪いの子に
病み煩いの源をさし示すものは何であろうか。
それはその人の心が宇宙の中心を遠ざかっていることを教えられている。
そうして自分勝手な方へ、わがままな一方へかたよっていることを教えられているのである。
その天の心を知らなければならぬ時が来ているのではあるまいか。

『天地の示す道』より
# by ryukoin | 2007-12-24 23:06 | 天地の示す道

道を守る

道を守って走る。

自動車も文明のめぐみとなる。

道あやまりてたちまち殺人の器となる。
# by ryukoin | 2007-11-21 10:42 | 中心の生活

道義



道義いよいよ尊し。

火鉢の中にあっては火はその道を守る。
大切にされる。

同じ火も座布団の上に落ちて道をあやまる。
たたき消される。
# by ryukoin | 2007-10-20 10:23 | 中心の生活

時計

小さい時計の針が、大宇宙の歩みを教える。
永遠の時の流れを教える。
だから時計は人間の生活になくてはならぬものとなった。

大昔、時計なしで人は生きていた。
しかし、それでは広い正しい社会生活のよろこびは
味わえなかった。
いまの社会生活に時計は必要品である。
# by ryukoin | 2007-10-13 08:30 | 中心の生活